中小企業のお客を増やすノウハウを教えます
コミュニケーション戦略でお金をかけずにお客を増やそう
あなたの会社の物語を売ろう
何もないところからでもニュースを作ろう
トップページ プロフィール サービスの内容 ご利用のタイプ お試しサービス お問い合わせ

メールマガジン購読申込み

記事を掲載してもらうノウハウをメールマガジン『小さな会社だから記事になる』で紹介していきます。すぐに使えるテクニックを毎回一つづつ取り上げます。2005年1月からスタートして原則10日ごとに発行します。なお、メルマガで紹介したノウハウは随時「小さな会社だから記事になる」のページに追加して掲載します。

 

メールマガジンの情報

■マガジン名 『小さな会社だから記事になる』中小企業の記事掲載ノウハウ集
■発行者 プロジェクト・ブリッジ 大野秀雄
■発行周期 毎月1日、10日、20日
■説 明 中小企業やベンチャーが記事を掲載してもらうためのノウハウを教えます。お金をかけずにお客を増やすパブリシティの手法です。すぐに使えるテクニックを毎回1つづつ紹介。これをトライし続ければあなたの会社のブランド作りも夢ではない。

 

メールマガジン購読の登録・解除

無料購読のお申込みはこちらから
メルマガ購読の登録・解除

 

メールマガジンサンプル

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

『小さな会社だから記事になる』
−中小企業の記事掲載ノウハウ集

Vol. 1:2004年○○月○○日発行

中小企業がお金をかけずにお客を増やす賢い方法は
記事を掲載すること。
あなたの会社を記事にするノウハウを教えます。

■すぐに使えるテクニックを毎回1つづつ
■毎月1日、10日、20日発行
■発行者:プロジェクト・ブリッジ 大野秀雄

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

*このメルマガはプロジェクト・ブリッジのサイト「中小企業のお客を増やす
ノウハウを教えます!」でご紹介する手法のうち、記事掲載のテクニックに
絞ったものです。


お客を増やすためにもっと記事を掲載しよう。
小さな会社でも、いや小さな会社だからできることがあるのです。

ニュースは作るものです。
ちょっとしたテクニックを使えばニュースは生み出せる。
すぐに使えるノウハウを毎回一つづつご紹介します。

内容はシンプルです。
すぐに試してください。
よくわからなければご連絡ください。


今回のノウハウ
==============

【トレンド・マトリックスを作る(1)】

広報活動に日常的に関っている人にとってパブリシティ(記事を掲載すること)
はいつも気にかけている活動です。しかし発表するものや適当な材料がない時は
辛いですね。

そんな時のためにもトレンド・マトリックスを作ることをお薦めします。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

メディアが取り上げる記事にはその時々の傾向があります。それはメディアが社
会や時代のトレンドを追いかけているからです。新聞の記事なら「ストレートニ
ュース」や「解説」「人物紹介」「オピニオン」「話題」などいくつかのカテゴ
リーに分類することができますが、中心となっているのは「トレンド」です。こ
れがその時々のメディアのトレンドにもなるのです。

ストレートニュースはトレンドの生の情報と言えますし、解説はあるトレンドを

一度まとめて説明するものと見ることができます。もちろんすべてがそうとは言
い切れませんが、何が起きているかを知らせるのがメディアだと考えればわかり
やすいのではないでしょうか。

ということは、このようなトレンドに関連した情報であればメディアが取り上げ
やすいということです。例えばインターネットが商用で使われ始めた頃、ホーム
ページと呼ばれるものが登場してきました。日本での先駆者は大手企業、中でも
コンピューター会社や自動車会社、電気メーカーでした。

そしてまだホームページが数えるほどしかなかった段階では、「○○社がホーム
ページを開設」というような記事が日経本紙にもよく出ていました。今では考え
られませんね。その時はホームページがトレンドの一つだったのです。

メディアのこの特性を活用しましょう。

☆    ☆    ☆    ☆    ☆    ☆

例えばあなたの会社の「素材」をヨコ軸に並べます。経営や業績、人事、福利厚
生、社会活動など会社自体に関係するものと、製品や技術、プロモーション展開
などのマーケティングに関るものに大きく分けられます。細かなものもあげてい
けば殆ど無数に近くなります。(「パブリシティの素材」については別途ご紹介
します。)

そしてタテ軸にメディアの「トレンド」を並べます。これはちょっと報道に気を
つけていれば直ぐに掴めます。現在、世界レベルで一番大きなものは恐らく「テ
ロ」でしょう。日本では「高齢化社会」やこの裏返しのような「少子化」は長期
のトレンドですね。ちょっと新しいところでは「ユニバーサル・デザイン」とか
「CSR(企業の社会的責任)」などがあります。

トレンド(あるいはこれを言葉で表したキーワード)は「産業」に関るものに限
りません。「国際的」なものや「社会・文化」に関連したものなどさまざまにあ
ります。どのカテゴリーに属するものであれメディアにとってその価値は変わり
ません。産業関連に限らず拾い上げておくべきです。

このタテ・ヨコを組み合わせた一覧表がトレンド・マトリックスです。両軸ともに
できるだけ多くの項目を用意しておけば活用性が高まります。そしてヨコの素材を
タテのトレンドとどう関連づけられるかを考えてみるのです。

マトリックスの活用法は次回ご紹介します。


******************************************************

このメルマガでご紹介したテクニックは、プロジェクト・ブリッジのサイト内の
『小さな会社だから記事になる』のページに随時追加していきます。これまでに
ご紹介したものは全てここでご覧になれます。

******************************************************

■中小企業のお客を増やすためのノウハウを教えます!

お金も人手もないけどお客を増やしたいという方のためのサイトです。お金がなく
てもできることはこんなにあります。マーケティング・プロモーション・PRを含
む「コミュニケーション戦略」の作り方から「活動プログラム」の作り方まで教え
ます。
⇒ http://www.project-bridge.com

■『コミュニケーション』で斬る


世の中のできごとを「コミュニケーション」の視点からコメントします。ブログに
随時掲載していますのでよろしければこちらもご覧ください。
⇒ http://ohno.blogzine.jp/hidemal

******************************************************

【編集後記】
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

【発行人】プロジェクト・ブリッジ 大野秀雄
【URL】http://www.project-bridge.com
【プロフィール】
PR分野での長いコンサルティング・キャリアの中で、国内外の大手企業のコミュニ
ケーション活動に関ってきました。国内企業の販促支援や海外での認知度向上活動を
はじめ、外国企業の日本での事業立上げ支援、原発や環境問題のPA活動(社会的な
認知活動)、スポーツイベントの運営、大規模プロジェクトのマネジメントなど様々
です。

現在は独立して中小企業の顧客開拓に絞ったコンサルティング事業を行っていますが、
これまでのノウハウのすべてをこのために集中します。

******************************************************

★ご意見や感想、わからないことや疑問など何でも結構ですのでメールでご連絡くだ
さい。
⇒ info@project-bridge.com

★メルマガの相互紹介を受け付けています。
⇒ info@project-bridge.com

★このメルマガでご紹介した内容は他へ転送していただいて構いません。

★購読・解除はこちらからできます。
⇒ http://www.mag2.com/m/0000000000.htm

 

あなたは間違っている!
こんなことに困っていませんか?
物語をマーケティングする
ゼロから記事を生み出す道具
お客を増やす戦略を考えよう
こんな活動をやってみよう
すぐに使える手法
PR実務の方法
メールマガジン購読申込み
『コミュニケーション』で斬る
中小企業の情報源
  ページのトップへ